FC2ブログ
★ボニー&クライド★
  • Author:★ボニー&クライド★
  • 同棲3年目のボニーとクライドです。
    よかったら日記を見てください!
  • RSS
LOVE日記&同棲交換日記
ダーリンと私の同棲日記をつけています★毎日が楽しく過ぎていく中で私とダーリンが出来事や思ったことを交換日記として書き留めていきます★心のメモリーを見てください♪
プロフィール

★ボニー&クライド★

Author:★ボニー&クライド★
同棲3年目のボニーとクライドです。
よかったら日記を見てください!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード

相互リンクサイト集なら相互リンクPRO!相互リンク募集中


リンク

にほんブログ村 恋愛ブログへ

このブログをリンクに追加する


月別アーカイブ



攻略情報無料提供中 次世代ポイントサイト PointDreamが稼がせます! - 広告に応募、紹介者がどんどん付与され、紹介者からポイントが上がって儲かる!


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココ・シャネル
ココ・シャネル(Coco Chanel, 本名:Gabrielle Bonheur Chanel, 1883年8月19日 - 1971年1月10日)は、フランスの女性ファッションデザイナー。





プロフィール

フランス南西部オーベルニュ地方ソミュールの救済病院で生まれる。12歳の誕生日を迎える前に母親が他界、父に捨てられ、孤児院や修道院で育つ。「ココ」は愛称で、田舎町ムーランでお針子として孤児院を出た後、当時つきあいの有った将校たちに連れられ、赴いたカフェで、芸能界への熱意に目覚める。情熱を実行すべく、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌っていた"Ko Ko Ri Ko"(コケコッコウ)と、"Qui qu'a vu Coco dans le Trocadero"(トロカデロでココを見たのはだれ?)という歌の題名にちなんでつけられたもの。

その後芸能界への道はひと時あきらめ、この頃交際していた将校であるエチエンヌ・バルサンに伴われてパリ郊外へ移り、友人達の社交場となった彼の牧場で過ごす。退屈しのぎで制作していた帽子のデザインがそこで認められ、彼の援助により、1909年、マルゼルブ大通り160番地で、帽子のアトリエを開業する。

1910年、パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」という名で帽子専門店を開店。このときエチエンヌと別れ、同じ輪の中にいた、一生涯愛す人物となる英国人青年実業家アーサー・カペルとの交際をはじめる。カンボン通りの店はアーサーの助力によるもの。

1913年、ドーヴィルに二号店を開店。翌年第一次世界大戦が開戦。1915年、ビアリッツに「メゾン・ド・クチュール」をオープン。翌年コレクションを発表し大成功を収める。ジャージー素材を取り入れたドレスが話題となる。1918年、第一次大戦が終戦。アーサー・カペルがわずかな期間であった政略結婚を悔やみ、ココと幸せになろうと決意した矢先、翌年に彼は事故死してしまう。アーサー・カペルはココが生涯最も愛した人で、結婚を切に願ったが、ココと共有していた上昇志向によって、彼が政略結婚に対する欲望を持っていた為に、これまでかなわなかった。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://bonnyclid.blog111.fc2.com/tb.php/179-41e3943f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シャネル 2007/09/14~09/20

シャネルについての最近の情報です。 (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第五倉庫 ブランド品【2007/09/20 08:46】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。